report-20210131

2021年1月31日挙式
新郎
丸崎 真治様
新婦
成瀬 茉那実様
ゲスト人数: 32名
会場: ジュエル

会場を決めた3つのポイント

  1. 希望のドレスが着られる
  2. 素敵なチャペル
  3. 披露宴会場の雰囲気

Interview - インタビューInterviewインタビュー

インタビュアー

挙式の感想をお願いします

ご夫妻

今までチャペルを見に行くときはなかなか晴れている機会がなかったのですが、挙式当日は良く晴れていたので、ステンドグラスがとても綺麗でした。 来てくれた方々にも幸せが訪れてほしいとの気持ちがあったので、とても良い挙式になったと思います。

インタビュアー

会場の飾り付け、コーディネートはどのようにされましたか?何かテーマを決められましたか?

ご夫妻

挙式は、結婚指輪がシンデレラのものなので、ガラスの靴をモチーフにしたリングピローにし、ドレスはチャペルに合うようにシンプルなものにしました。 ディズニーの中でも「美女と野獣」が大好きで、披露宴会場が「美女と野獣」に出てくるお城やホールに似ていたので、ゲストの皆様がまるでディズニーランドに遊びに来ているかのような感じと、「美女と野獣」の世界に入り込んで、ホールで食事をとっているかのような雰囲気をイメージして飾り付けをしました。 カラードレスは、ディズニー公式のドレスとタキシードにしました。もし、ベルと野獣が結婚式を挙げたら…という想像をしながら、ティアラやネックレスは赤で統一し、ブーケはバラのみを使い、オーダーメイドで作っていただきました。

インタビュアー

お料理はいかがでしたか?

ご夫妻

全て美味しかったです。特にフカヒレやお肉、小籠包などの飲茶は好評でした。 コロナ禍で、なかなかお酒を飲む機会もなくなってしまったからか、お酒やカクテルも喜んでいただけました。

インタビュアー

披露宴パーティーではどのような演出をされましたか?

ご夫妻

ディズニーをイメージした一部・二部制に分けて演出をしました。一部では、ディズニーの世界観が出るようなBGMを使用し、まるでディズニーランドに遊びに来たかのような感じにしました。ウェディングケーキは、「美女と野獣」のパズルの絵柄を使用して作っていただきました。 二部では、主に「美女と野獣」の世界観を作り、ガラスで出来たバラやキャラクターなどを高砂に置き、BGMも「美女と野獣」の曲を使用しました。テーブルクロスも、ベルのドレスをイメージした黄色のクロスをチョイスし、ワインカラーのナプキンでバラをイメージしました。 キャンドルサービスは、ゲストの皆様へサプライズを楽しんでいただきたいという考えから、ミッキーのキャンドルサービスを行いました。

インタビュアー

打ち合わせ・挙式当日のスタッフの対応はいかがでしたか?

ご夫妻

特に問題もなく対応していただきました。 披露宴でのカラードレス入場の際、「こういう演出がしたい」というリクエストをしたところ、「出来ますよ!」と急遽取り入れることも出来ましたし、緊張で早く歩いてしまった時は、「もう少しゆっくり歩いて大丈夫ですよ」などと教えてくださったので、慌てず対応できました。 披露宴会場の案内看板の背景を「美女と野獣」のものにしてくださったお気遣いにはとてもびっくりしました。

インタビュアー

ゲストに好評だったことがあればお願いします

ご夫妻

ディズニーの世界観、「美女と野獣」の世界観を大切にしたかったので、カラードレスやタキシードにもこだわりました。 「美女と野獣」のキャラクターを使用したウェディングケーキ、ミッキーの形をしたキャンドルサービスなどは、「ディズニーランドに来ているかのようだった!」とゲストの皆様から好評でした。その他、お料理が美味しかったことや挙式をしたチャペルのステンドグラスがとても綺麗だったこと、エンドロールもとても良かった、と好評でした。

インタビュアー

これから結婚される皆さんへ一言お願いします

ご夫妻

今はコロナ禍で、結婚式を「キャンセルした方が良い」「延期した方が良い」などと周りから言われることも多いのではないでしょうか。周りの意見を参考にすることも大切ですが、“自分たちがどうしたいか”が一番大切だと思います。自分たちが、結婚式をやりたいなら、やる!と強く信じた方が良いです。今は大変だけど、それを「こういうことがあったよね」と、笑って話し合える時が必ず来ます。周りから何か言われて落ち込むより、前を向いて2人で歩き続けてください。2人で決めたなら、必ず壁を乗り越えられるはずです。これも幸せになるための試練であり、いつしかこれが経験になり土台になると思います。参列してくださるゲストの皆様への感謝を忘れずに、プラス思考で、良い結婚式を挙げてください。

インタビュアー

コロナ禍において、悩まれたことや、その中で結婚式実施という決断に至るまでの葛藤や、実際挙げてどうでしたか?

ご夫妻

周りからは、キャンセルや延期を勧める意見もあり、なかなかスムーズに行かずに2人で悩むところもありました。また、挙式1ヶ月前頃から緊急事態宣言も出て、延期にするかどうか本当に悩みました。 テーブルに座る人数や、ゲストの間にクリアボードを置いた方がいいか、など、自分たちがゲストだったら?という立場で考えたり、ゲストが不安にならないように、消毒や換気についてスタッフさんに聞いたりしました。コロナ禍の中でも来てくれたゲストの方々への感謝や、楽しんでもらいたいという気持ちがあり、小さな子供から大人まで、どうしたら楽しんでもらえるだろう、と色々考えました。 でも、そんなことを悩んでいても仕方ない。逆に、この中で結婚式が出来たなら、私達の時にはこうだったよね、と笑い合える日が必ず来る、と信じ、前向きに考えることにしました。これもまた経験だ、と思いました。 結婚式が終わった後は、両親や親族を始め、来てくださったゲストの方々1人ずつに感謝の気持ちを伝え、体調の確認をしました。その際、「結婚式がすごく良かった」「ステンドグラスがとても綺麗だった」「まるでディズニーにいるみたいだった」「披露宴会場がすごかった」「お料理が美味しかった」など、色々なお話を聞くことが出来、結婚式をやって良かったな、と思いました。

インタビュアー

ありがとうございました。どうぞ末永くお幸せに!

Planner to the Couple - プランナーからカップルへPlanner to the Coupleプランナーからカップルへ

真治さん 茉那実さん このたびは誠におめでとうございました!
大好きな「美女と野獣」のテーマウェディングにこだわったおふたり♪BGMやコーディネートの一つ一つにまでこだわったお打ち合わせはとても楽しい時間でした。当日は「美女と野獣」の世界観がリアルに再現されて、ゲストの皆様にもとても喜んでもらえて本当に良かったです。
真治さん 茉那実さん 末永くお幸せに♪

(担当:木村 彩子)

みんなのウェディング